MENU
CONTACT

銀座 パーソナルトレーニング|クールダウンについて

やっほー!

こんにちは!Dr.トレーニング銀座店 店長の若杉太智です!

 

 

今回は弊社パーソナルトレーニングジムにおいても、毎回トレーニング後に行なっている、クールダウンについて書かせていただきます。なんでトレーニング後に行なっているのか?なんでクールダウンを行った方が良いのか?

今回は意外と知らないクールダウンについて深掘りさせていただきます!

 

それではレッツゴー!

 

 

クールダウンの目的

そもそも運動の後や、パーソナルトレーニングの後にクールダウンを行う意味はなんでしょうか。

しっかりと考えたことはそんなにないかなと思います。ただ、しっかりとした明確な理由があるからこそクールダウンは行う必要がございます!アスリートなんかはみんな行なっていますよね。

 

クールダウンの目的は、いろいろありますが大きく絞ると、「運動後の体を、元の状態、安静時の状態に戻すために行う」ために行います。

 

つまり、トレーニングなどで筋肉が収縮、弛緩を行なった後に姿勢やアライメントは崩れやすくなります。そんなときに適切な筋肉の長さに戻してあげることにより、お身体は元のリラックスした自然な状態に戻ります。

そんなクールダウンの効果ですが、姿勢を元に戻すだけではございません。

一体クールダウンにはどんな効果があるのでしょうか。

 

 

 

クールダウンの効果

 

クールダウンの効果は大きく3つあります。

 

疲労回復

自律神経の調整

柔軟性低下防止

 

それぞれ深掘りしていきましょう。

 

疲労回復

クールダウンすることによって、翌日の疲労を軽減することが可能です。上記に書きましたが、筋肉の長さを整えてあげたりすることが大事になります。

 

 

自律神経の調整

運動中は交感神経優位になっています。この神経は戦闘モードになります。いわゆるアドレナリンがガンガン出ている状態です。その戦闘モードのままトレーニングが終えた後も続いているとどうでしょうか。すんなり眠れるとはとても思いません。

だからこそ、リラックスモードに切り替えすることが大切です。常にONモードだとお身体は疲れてしまいますもんね。

睡眠の質や疲れにくさにもつながります。

 

 

柔軟性低下防止

お体の固さの防止にもなります。トレーニングの唯一のデメリットはご存知でしょうか。柔軟性がなくなることです。トレーニングは過度な収縮や弛緩が起きることで筋肉の長さに変化が出ます。それを放っておくと筋肉はどんどん硬くなってしまいます。

だから胸のトレーニングをしている方はどんどん巻き型気味になっていきやすいのです。

 

 

まとめ

今回はクールダウンについて書かせていただきました。Dr.トレーニング銀座店では必ずパーソナルトレーニング後に、クールダウンを上記の理由で入れています。是非、みなさまもご自身でトレーニング後にはクールダウンをされてみてくださいね。

ちなみにストレッチポールや軽く歩くだけでも、効果はあるそうですよ。今後、どんなクールダウンを行なったらいいかも書かせていただきますね。

 

 

 

”一瞬ではなく、一生モノの身体作り”
”本気で変わろうする人と共に歩んでいく会社”

■Dr.トレーニング銀座店
〒104-0061
東京都中央区
銀座6丁目9番6号8階
03-6303-3019(恵比寿店へつながります)

《営業時間》6:00~24:00 不定休

若杉太智 Daichi WAKASUGI

NSCA-CSCS(NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
柔道整復師(医療国家資格)
健康運動指導士
ストレスフリーセラピスト
栄養コンシェルジュ2つ星
Dr.トレーニング2018 新人賞

■Dr.トレーニング銀座店

銀座の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング銀座店〉

03-6280-6911

〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-6 菊水ビル8階A室
>銀座のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>銀座のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP