MENU
CONTACT

Dr.トレーニング銀座店にあるツール2

スラムボール

MBと同じ形ですが、その中には実は動く重りが入っています。その重りが動くことによって、動的なフィードバックを感じることが可能で、効率的なスプリントや回旋パワーを獲得することが可能です。また振り上げたり、叩きつけたりすることで、自然にかつファンクショナルな動作や爆発的な回旋パワーを習得できます。

弊社パーソナルトレーニングジムでは叩きつけたり、ローテーションして叩きつけたりして使っています。

スタッカブルステップ

その名の通り、ステップです。あらゆるプライオメトリクストレーニングに使用できます。弊社パーソナルトレーニングジムでは高さが欲しいヒップスラスト時や、ブルガリアンスクワット時に使用したりします。またプライオメトリクスはウェイトトレーニングで獲得したストレングスをフィールドでのパワーに変換することが可能です。スポーツや日常生活において必要な一連の動作において、力の大きさや方向を微調整することが可能です。

 

 

ハンギングクランチ用フック

下腹部を鍛えるときに最適なツールです。お腹を引き締めたいときによく使います。

 

 

SP(ストレッチポール)

しっかり鍛えて、良いパフォーマンスを続けるためには、しっかりとリカバリーさせなければいけません。筋膜リリースやセルフマッサージなどのツールとして使う一方、神経系のエクササイズでも使ったりしています。弊社パーソナルトレーニングジムではリカバリーとトレーニング両方でこのツールを使っています。

 

 

ランブルローラー

SPよりも接地面積が小さくなるフォームローラーです。より深部をほぐすことができるため、肩の後面や股関節後面をほぐすことに最適です。

 

 

テニスボール

ランブルローラーと同じく接地面積が小さくなりますので、より深部をほぐすことに優れております。ふくらはぎや背中など浅い部分はSPでほぐし、肩の後面や鎖骨下など深部をほぐすのに効果的です。

 

グリッド

SPよりは少し短いフォームローラーです。

 

 

Dr.Air

グリッドのサイズで振動でほぐすことのできる最先端のフォームローラーです。振動にしか感知しないルフィニ、パチニ小体を活性化できるので CNS(中枢神経)とのモーターコントロールが繋がりやすくなります。腹筋を行うときに腰が痛い人へこのツールを使うと、痛覚が遮断され痛みはなくなります。

 

ストレートバー

バーベルよりも少し短いバーです。そのため筋力が比較的劣る女性によく使います。

 

 

パラレルバー

背中の筋肉を鍛えるプル系の動作のときに、使い分けたりします。特にボディメイクやブライダル目的の型では使うことが多いです。

 

ロープーリーバー

上記と同じで色々な刺激を背中に与えるときに使用します。

 

バルサグリップ

握力を使わないでバーを握ることができるグリップになります。また手のひらに豆を作りたくない女性にもオススメです。

 

ライストレーニング(恵比寿店&中目黒店限定)

肘周りや、手首周辺に疾患がある方へ行っています。また近年話題になったトミージョン手術を受けた大谷選手は手首周辺の筋力を戻すためにオススメのトレーニングでおそらく行なったリハビリメニューです。

 

バトルロープ

楽しくパワー、ストレングス、カーディオトレーニングが行えます。普段のトレーニングに加えたいトレーニングです。

 

 

 

ランドマイン

オリンピックバーとプレートに加えるだけでコアワークアウトが行えるツールです。またプレス動作では垂直方向への動作が強制されますので、肩甲骨後傾が要求されますが、このランドラインを使うと肩甲骨の適切な動き上方回旋が促されますのでとても良いです。特にオーバーヘッドスポーツの動作には必須な動きとなります。

両手でも片手 (SA)でも、半膝立ち(HK)、両膝立ち(TK)、立位などポジションを変えたり、爆発的に挙上したりするなどで多くのエクササイズを行うことが可能です。

 

 

 

オリンピックヘックスバー

六角形のバーベルバーになります。腰に負担をかけずに高い出力と速い速度でのリフト動作が行えます。

安産かつ効率的に動作を習得することが可能です!

 

 

 

BP(バランスパッド)

適度な不安定感を出せるマットになりスタビリティー能力を高めることが可能です。スタビリティートレーニングは連動性の高い身体をつくるのに欠かせない要素です。コアの安定性と動きの質を高め、さらには怪我のリスクを下げることも証明されています。また、関節の安定性やバランス能力向上のために使ったりします。

片足、または両足で上に立ち、スクワットやランジ動作を行い筋力と安定性をWで鍛えることが可能です。

 

 

BOSU

エクササイズボール、バランスディスク、ワブルボード、プライオボックスと幅広い用途で使うことができ、バランス感覚、コアの安定性を高めて固有受容器の刺激を高めることが可能なツールです。座る、立つ、横になる、膝をつく、ジャンプする、多くの動きを楽しくトレーニングすることができます。

 

エアロバー

肩のスタビリティーエクササイズに使用します。メジャーリーガーのリハビリに使われることが多いそうです。弊社パーソナルトレーニングジムではローテーターカフのアクティベーションなどに使ったりします。

 

木の棒(デゥアル)

スパインラインを整えるために使います。またヒンジ動作が苦手な方へ習得するために使います。ヒンジ動作ができないとトレーニング全般を行っていく上で非効率ですからね。

 

 

加圧ベルト(自由が丘店限定)

加圧トレーニングを行うことが可能です。アンチエイジング効果が期待されるとして、近年流行しているトレーニングの1つです。

 

 

パワーブロック(PB)

可変式ダンベルです。ドロップセットで効果的に筋肉を追い込むことに適したDBになります。

ハーフストレッチポール(HSP)

SPの半分に切ったかまぼこバージョンです。バランスや安定性のトレーニングに使っています。またスパインラインを保つためにクラムシェルなどでは枕などにも使ったりしています。

 

 

Flexクッション

体の硬い人でも、このツールによって自然に骨盤は前傾位になり内転筋やハムストリングス(もも裏)の効果的なストレッチができます。弊社パーソナルトレーニングジムでは、腹筋で起き上がれない方へ補助として使ったりもします。

 

 

まとめ

今回はDr.トレーニング銀座店にあるツール紹介として書かせていただきました。またこれ以外にもDr.トレーニング史上今までになかったツールを導入予定です!ぜひ、様々なツールで多角的アプローチができるDr.トレーニング銀座店までトレーニングを体感しに来てみてください!

今現在はDr.トレーニング銀座店限定キャンペーンも開催中になっております!ぜひこの機会に銀座、東京、有楽町付近でパーソナルトレーニングをお探しの方はぜひDr.トレーニング銀座店までお問い合わせくださいませ。

 

”一瞬ではなく、一生モノの身体作り”
”本気で変わろうする人と共に歩んでいく会社”

■Dr.トレーニング銀座店
〒104-0061
東京都中央区
銀座6丁目9番6号8階
03-6303-3019(恵比寿店へつながります)

《営業時間》7:00~22:00 不定休

若杉太智 Daichi WAKASUGI

NSCA-CSCS(NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
柔道整復師(医療国家資格)
健康運動指導士
ストレスフリーセラピスト
栄養コンシェルジュ2つ星
Dr.トレーニング2018 新人賞
専門学校 講師
柔道初段

■Dr.トレーニング銀座店

銀座の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング銀座店〉

03-6280-6911

〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-6 菊水ビル8階A室
>銀座のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>銀座のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP