MENU
CONTACT

トップアスリートを育てるための子育て術とは!?

こんにちは!

Dr.トレーニング銀座店 店長の若杉太智です!

 

 

今回はトップアスリートを子供の頃から育てるための子育て術をお伝えします!意外と知らないお母さんもお父さんも多い!?

ただ、誰もが行なっている、そして知っていることを行うだけなのです。これは親の指導法も関係ありますので、将来的にトップアスリートを育てたい、運動神経が良い子供になって欲しい、そんな親御さん必見の内容となっております!

 

それでは、レッツゴー!

 

 

トップアスリートを育てるためには?

さて、みなさんトップアスリートになるためには何が大事なのでしょうか。筋力があればアスリートになれるでしょうか。いいえ、パワーがあればアスリートになれるでしょうか。

いやいや1つだけ尖がったスキルがあっても、アスリートにはなれないですよね。強靭なフィジカル、バランス感覚、メンタルの強さ、筋力の強さに加えて一流のツールと体のマッチ感や、環境をも支配できるようになったとしたらトップアスリートになれるかもしれません。

 

でもそれはあくまでもトップアスリートに必要なスキルだとは思いますが、1歳とかまだ意識もしっかりしていないときにトレーニングしろ、とか片足で立て、とかこのエクササイズをしろと言ったって行うはずがありません。w

ではこう言った小さい小児のじだいなどに、トップアスリートに育てるためには何をするべきでしょうか。

 

ハイハイを永遠に行う

弊社パーソナルトレーニングジムでは「発育発達学」をもとにお客様へパーソナルトレーニングを提供しております。この発育発達学的に行っていくことがお体を変えていく中で重要なことだからです。

さて、なので弊社パーソナルトレーニングジムでも良くこの発育発達学に基づいたトレーニングを提供しています。

例えば、ハイハイに近いベアウォークと言われるエクササイズや、寝返りの動きに近いローリングを行なっております。このローリングはテレビでメジャーリーグの大谷も行っていたりします。

 

このように発育学に基づいたトレーニングは一般の人だけではなく、アスリートにも提供することがあります。というかアスリートに提供することが多いです!w

 

僕もよくアスリートのいお体を見させていただくことがありますが、グローバルマッスルと呼ばれる、アウターマッスル優位のトレーニング、例えばスクワットやベンチプレスは結構強いです。やはりアスリートと呼ばれるだけあり、パワーは強いですね。

 

ただ、ローカルスタビライザーと呼ばれるインナーマッスル優位のトレーニング、例えば体幹トレーニングや先ほどのローリングなどは結構苦手だったりします。

 

なぜでしょうか。

 

 

 

理由としてあげられるのは、あくまで僕個人の見解ですが、お体をそもそも上手く使わなくても筋力によってカバーできてしまうためローカルマッスルを使うことが上手ではないと考えられます。

 

ただ、アスリートはお体を使うプロフェッショナルでなくてはいけません。そのため、しなやかな体を作るために最近ではイチローがよく行なっている、初動負荷トレーニングだったり、ファンクショナルトレーニングと呼ばれるトレーニングが注目されていたりと色々なトレーニングが最近では行われていたりします。

 

 

ただ、それは神経系のトレーニングに近いため、なかなか感覚を研ぎ澄ますことが苦手な方は覚えにくいです。なぜ難しいかというと神経系は6歳で成長しきってしまう、と言われております。

だからこそ、6歳になるまでにできるだけ神経系のトレーニングを行っておく必要があります。

 

では神経系のトレーニングはどんなお体の動かし方があるでしょうか。

 

 

神経系トレーニング

僕はパーソナルトレーナーとしてご飯を食べておりますので、色々な神経系のトレーニングを知っています。ただ、一般の方は神経系のトレーニングなんて何があるのと思うことでしょう。

 

今回はせっかくこのブログを書かせていただきましたので、日常生活でもできそうなことを余すことなく書かせていただきますね。✨

 

・ハイハイ

・寝返り

・木登り

 

この3つが主によくして欲しい動きかなとあげられます。

 

 

ハイハイは四つん這いでそこらじゅうをかけ巡りますので、相当な体力が身につきます。プラストレーナー的なことを書かせていただくと、肩甲骨のスタビリティー、スパインラインのモビリティー、前鋸筋のアクティベーション、TVAの活性化、モーターコントロールなど他にもありますが、普段大人でも使いにくい筋肉や体の動きをハイハイでは行うことが可能です。だからこそ、大人になってもハイハイに似たトレーニングが行われています。

最近ではアニマルフローという動きも流行っているみたいですよ。

 

 

寝返りも赤ちゃんがよく行う動作ですね。ただ、寝返りを行うことなんて誰でもできます。その寝返りを弊社パーソナルトレーニングジムではグローバルマッスルを使わないで、ローカルの方を使ってすることを目指します。だからキツイです。

特に弊社パーソナルトレーニングジムに通っていただいている、アスリートほど苦手で脱力ができている選手が少ないです。ここをしっかりできるようになると、よりパワーをガッと出したいときに発火頻度だったり腹圧を高めることも上手くなることに繋がります。

 

 

そして、木登り。

木登りはトレーニング以上に全くと言って良いほど同じ動きがありません。毎回木ごとに形や長さ、枝野本数、場所も異なるので、毎回違った体の使い方で登らなければいけません。だからこそ、脳と体の神経系の会話が増えますし、何より全身を使うことがうまくなるモーターコントロール能力が上がります。

 

 

まとめ

今回はトップアスリートを育てるための子育て術というテーマで、トレーナー視点でブログを書かせていただきました。ぜひ、アスリートを育てたいお父様、お母様や将来、運動神経でお子様に悩んで欲しくない親御様はぜひたくさん、お体を動かさせてあげて下さい!

 

6歳までに上記でも書かせていただいたように、神経系は出来上がってしまいます。だからこそ、外をうるさく駆け回っている子ほど、一概には言えませんが理論的には自信を持てたり、運動もうまくできるようになります!

ぜひ、早く立たせたい気持ちはわかりますがめちゃめちゃハイハイをさせたり、

寝返りをさせまくったり、

お子さんが木登りをしていたら、怒りたい気持ちをグッと堪えて、本当に危ないとき以外は注意をしないであげてくださいね。w

 

それが将来の運動スキルにつながっていきます。

 

 

さて、そんなDr.トレーニング銀座店では現在銀座店限定キャンペーンを行なっております!ぜひ、お体を動かしてみたい方から、ガッツリ動かしたい方まで、大歓迎です!銀座駅から徒歩2分という最高の立地です!

銀座駅周辺でパーソナルトレーニングジムをお探しの方はぜひ、Dr.トレーニング銀座店までお問い合わせくださいませ。

 

 

 

 

”一瞬ではなく、一生モノの身体作り”
”本気で変わろうする人と共に歩んでいく会社”

■Dr.トレーニング銀座店
〒104-0061
東京都中央区
銀座6丁目9番6号8階
03-6280-6911

《営業時間》7:00~22:00 不定休

若杉太智 Daichi WAKASUGI

NSCA-CSCS(NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
柔道整復師(医療国家資格)
健康運動指導士
ストレスフリーセラピスト
栄養コンシェルジュ2つ星
Dr.トレーニング2018 新人賞
専門学校 講師
柔道初段

■Dr.トレーニング銀座店

銀座の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング銀座店〉

03-6280-6911

〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-6 菊水ビル8階A室
>銀座のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>銀座のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP