MENU
CONTACT

ゴルフのパフォーマンスアップのためのトレーニング!

やっほー!こんにちは!

Dr.トレーニング銀座店 店長の若杉太智です!

 

 

今回はゴルフというスポーツにフォーカスして銀座店ブログを書かせていただきたいと思います!

 

それでは、レッツゴー!

 

 

ゴルフに必要な筋肉とは?

さて、今回はゴルフというスポーツに焦点を当てて、パーソナルトレーナーの視点から書かせていただくのですが、まず初めにゴルフとはどんな動きが多いのか、そしてその動きにはどんな筋肉が必要なのか、そこから深掘りしていきたいと思います!

 

 

まず、ゴルフの動きは大きく4つに分けられることができます。

 

1,アドレス

2,テイクバック&バックスイング

3,ダウンスイング&インパクト

4,フォロースルー

 

と、分けられることが可能です。

 

それぞれ細かく見ていくと

 

1,アドレス

簡単にいうと構えのポジションです。

打つ前の構えが決まると、しっかりとボールを定めることができるので、非常に重要なポジショになります。

 

ここで重要なことは色々なことがありますが、強いていうとしっかりとヒンジ動作(股関節屈曲:股関節が曲がる動作)が求められます。

なので、ハムストリングス(太腿裏)の柔軟性が求められます。

 

 

 

2,テイクバック&バックスイング

この動作は上半身をひねり、ボールを打つ前のクラブを後ろに引く動作を指します。

ここでしっかりとスムーズに体を回すことができないとスウェイ、スライドなどの姿勢不良でボールがしっかりと飛ばず、ゴルフでスコアに直結する飛距離を出すことにはつながらなくなってしまいます。

しっかりと飛距離を出すための準備時間、テイクバックはしっかりと取りたいです。

 

ここでは、1番重要な項目としては、胸椎の可動性(背骨が柔らかくしっかりと動くか)が重要になってきます。

 

 

3,ダウンスイング&インパクト

上記のバックスイング時に溜めたパワーをボールに伝える大切な動作となります。

ここでうまくパワーが伝えられないとボールはまっすぐ飛ばなかったり、飛距離につながらなかったりします。

例として、ダメな姿勢、動きはアーリーエクステンションやチキンウィングです。

 

ここで1番重要な動きとしてはアンチローテーションです。直訳すると抗回旋力です。

 

 

 

4,フォロースルー

最後にフォロースルーです。しっかりと振り切った後にブレない体幹が必要です。

野球でもそうですが、この振り切った後のフォームが結構重要になってきます。

 

ここで1番重要な動作は前の足の使い方です。

 

 

 

ゴルフで必要な筋肉を実際にトレーニングで鍛えよう!

さて、上記項目ではどんな筋肉、またはどんな能力が必要か明確になりました。そこに合わせてトレーニングはどのように処方していったら良いのか。Dr.トレーニング銀座店では様々なトレーニングと、その日の体調に合わせてトレーニングを行なっていくのですが、今回は代表的なトレーニング1種目ずつを書かせていただきますね。

 

 

 

1,アドレス

→ハムストリングスの柔軟性が大事でした!ただ単にストレッチも良いですが。どうせなら実際に近いフォームで行った方がゴルフのパフォーマンスアップにつながること間違いありません!

 

なので、立ったままハムストリングスを伸ばすことのできるストレッチをご紹介させてください。

 

 

ジャックナイフと言って、

 

 

動画だとかなりわかりやすいのですが、シャイsんですとなかなか伝えられないですね。

会員様にはご自身でも習慣化していただくために、上記の動画でもトレーニングを行なっていただいている方もいます!

 

立位でハムストリングスのストレッチ!ぜひ、行なってみてください!

 

 

2,テイクバック&バックスイング

 

ここで必要な動きは胸椎の可動性でした。つまり胸の筋肉のストレッチ感!

 

弊社パーソナルトレーニングジムではかなり大事にしているこの胸椎の可動域。ただ、デスクワークやスマホが普及している現代日本では姿勢が正しい人は1割といません。なので、ほぼ全員がこのエクササイズをやるべき該当者様です。笑

 

ゴルフにおいてまず体が硬かったら、スムーズに打てないですよね?また日常生活でも体が硬かったら、、

もう言わなくてもわかりますよね。

 

 

3,ダウンスイング&インパクト

ここではアンチローテーション能力が必要でした!

 

 

片方の手に負荷がかかるものを持つだけで自然と体は回転しないように体感筋群が入るようになっています!片足、片手、弊社パーソナルトレーニングジムでは左右非対称のエクササイズを結構やらせることが多いです。

 

 

 

4,フォロースルー

最後にフォロースルーです!

フォロースルーでは前足の使い方が大事でした。それに加えて重要なスキルがインラインポジションです!

前足は内転筋の踏ん張りが重要になりますので、その2つの要素を合わせてトレーニングすると

スプリットスクワットがおすすめです!

こちらは片手に負荷を持ったりすると、アンチローテーション能力も鍛えることができますので、ぜひ、行なってみてください✨

 

 

 

まとめ

今回はゴルフのパフォーマンスアップに必要なトレーニング、というテーマで銀座店ブログを書かせていただきました。ぜひ、ご自身でもできるトレーニングは今回ご紹介させていただいた中でもかなり多かったと思いますこちらをまずは取り組んでいただければ、まずパフォーマンスは上がっていくと思います!

ぜひ、取り組んでみてください!

 

 

また、その上のトレーニングのレベルや、知識、理論を知りたい方はぜひ銀座駅から徒歩2分のDr.トレーニング銀座店までお問い合わせください!

 

”銀座で一瞬ではなく、一生モノの身体作り”
”本気で変わろうする人と共に歩んでいく会社”

■Dr.トレーニング銀座店
〒104-0061
東京都中央区
銀座6丁目9番6号8階A室
03-6280-6911

《営業時間》7:00~22:00 不定休

若杉太智 Daichi WAKASUGI

NSCA-CSCS(NSCA認定 ストレングス&コンディショニングスペシャリスト)
NASM-PES(全米スポーツ医学協会認定パフォーマンス向上スペシャリスト)
柔道整復師(医療国家資格)
健康運動指導士
ストレスフリーセラピスト
栄養コンシェルジュ2つ星
Dr.トレーニング2018 新人賞
Dr.トレーニング銀座店 店長
専門学校 講師
柔道初段

■Dr.トレーニング銀座店

銀座の地でパーソナルトレーニングによる
「一瞬ではなく一生モノの身体作り」
〈Dr.トレーニング銀座店〉

03-6280-6911

〒104-0061
東京都中央区銀座6-9-6 菊水ビル8階A室
>銀座のパーソナルトレーニング 店舗案内はこちら
>メールでのお問い合わせはこちら

>銀座のパーソナルトレーニング Dr.トレーニング TOP